お金を借りる際の在籍確認

在籍確認とは

銀行や消費者金融業者などから融資を受ける前の審査の段階で、在籍確認が行われることがあります。在籍確認とは、キャッシングなどの融資の審査の際に報告した勤め先や自宅に、実際にその審査を受けている人がいるかどうかを確認する作業のことです。一般的に在籍確認が行われるのは審査の終盤であることが多いため、実際に在籍確認があったのであれば、審査が終盤まで無事進んでいることだとも考えられます。

在籍確認はどのように行われるのか

在籍確認は消費者金融や銀行の担当者から直接、勤め先や自宅などに電話をすることで行います。例えば、「私○○の○○と申します。○○様はいらっしゃいますでしょうか?」といったように尋ねることで、在籍しているか確認するのです。ちなみにこの在籍確認の電話は消費者金融の場合は会社名ではなく、担当者の名前での電話となりますので、他の人にお金を借りることがバレることはありません。また、銀行の場合には銀行名を名乗ることがほとんどですが、銀行ではローンサービス以外にも多くのサービスがありますので、こちらの場合にもお金を借りることがバレるような心配は不要だと言えます。

在籍確認が行われない場合もある

お金を借りる際には、原則として返済能力があるかどうかを見極めるために在籍確認が行われます。しかし、中には在籍確認が行われない場合もあります。例えば、社名が載っているような保険料や給与明細書の提出によって、この在籍確認が行われないこともあるのです。しかし、原則としては在籍確認は行われますので注意してください。