お金を借りることが難しい人はどんな人

信用情報に傷が付いている人

信用情報とは、過去に行われた借り入れなどの返済や、クレジットカードの支払い状況といった情報を示します。もし過去にお金を借りたのに返済をしていなかったり、クレジットカードの支払いに延滞などがあったりすると、この信用情報に傷が付いているでしょう。そしてこの信用情報に傷が付いてしまうということは、支払いや返済の能力が低いことを意味します。つまり信用情報に一度傷が付いてしまうと、その後で銀行や消費者金融の審査で返済能力がないと判断され、落とされてしまうことが増えてしまうのです。

無職や継続的な収入が無い人

無職の方や、収入はあっても継続的なものではない人の場合も、お金を借りることは難しくなります。無職の方についてはそもそも収入が無いわけなので、消費者金融などの業者側からすると返済能力がないとみなされ、融資の審査には通らない確率が高くなります。また収入があっても継続的なものではない場合、同様に返済能力が低いとみなされてしまい、お金を借りることが出来ない可能性が高いのです。

自己管理能力が低い人

自己管理能力が低い人も、お金を借りることが難しい人だと言えます。自己管理能力は融資する業者の審査ではチェックできない項目ですが、自分自身で管理能力が低いと認識しているのであれば、お金を借りることは避けたほうが良いでしょう。なぜなら自己管理能力が低いと借りたお金の管理も出来ず、結果として多重債務者になってしまうことがあるからです。